2017年秋に中部パック2018に出展を決定した後、具体的に動き出したのは、開催日約1か月半前でした。

凝ったデザインではなく、あくまでシンプルに最低限のデザインを目指し、まずは、弊社自身での出展は初回だったため、国内外の展示会デザインの経験のあるデザイナーさんに依頼。

デザインや展示素材など細かなアドバイスをいただきながらのデザイン決めとなりました。

2週間ほどでデザインや展示アイテム・素材なども決定し、4月には製作に入り、展示会1週間ほど前にはすべて完成となりました。

実際のデザインがこれです。

申込み~デザイン準備

​費用を抑えるデザインにしたことで、ブースの正面奥にタペストリー、両サイドの壁はポスターを貼り、壁上部には社名とロゴ入りシールを貼ることに決定。それぞれ、業者に発注。ビデオを流し続けるので、モニターを会社より持参することに。プランに含まれるものとして、受付と椅子1脚、床(色選択可)、社名板なので、それ以外のブース内レンタル品は、スポットライト7個、テーブル1つ椅子1脚、チラシ用スタンド、壁の色青指定となりました。

画像は、デザイナーさんに依頼たタペストリー用の入稿原稿です。

ディスプレイ用アイテム準備

準備日時は主催より指定があり、弊社は2日前の搬入作業となり、現地は画像の通りこんな感じ。デザインをとてもシンプルにしたので、社員2名で荷物の搬入とブース内の装飾を完了しました。掛ける、貼る、置くだけの作業なので、弊社のような製品を持たないサービス系企業の場合は、シンプルデザインでも十分でした。事前発注したスポットライトはデザイン指定した位置にセッティングされ、サイド壁も発注通りの青色。受付やテーブル、椅子はデザイン通りに自分たちで配置。電気の供給も発注済ですので、展示会当日以降に供給されました。

​会場の電気だけでは暗いので、ブース内のスポットライトを設置して〇でした。

​展示会準備

展示会当時は、こんな感じでスポットライトも点きブース内が明るく照られ、シンプル簡単装飾ではありましたが、なかなかの出来上がりとなりました。ディスプレイ製品がないため、持ち込んだモニターで企業ビデオをループで流し、装飾と宣伝効果に使用。

ブース入口にチラシを入れたスタンドも置きました。

今回のブース・デザイン・装飾にかかった費用

 ¥428,743(1小間9㎡)

国内展示会の場合です。

海外展示会ですとまた異なります。

展示会開催

2017 AsianLustre© 

All Rights Reserved.

Web Design by AsianLustre Japan Office

  • Black Facebook Icon
  • Black LinkedIn Icon
  • Black YouTube Icon

〒466-0834

愛知県名古屋市昭和区広路町字準人1番地
浅井ビル3D

Tel:  +81 52 835 5550 
Fax: +81 52 846 9147

sales@asianlustre.co.jp